Life Amuse

浴室・風呂リフォームのポイント


バスタイムは一日の疲れと汚れを洗い流し、一番リラックスできる至福のひと時だと思います。
それだけに「快適さ」・「使いやすさ」・「安全性」が重要なポイントになってきます。
家族みんながリラックスできる空間にする為に、浴槽から素材選びまでじっくり検討してわが家にピッタリの
お風呂を選びましょう。

在来工法とシステムバスの違い

浴室・風呂には、大きく分けて「在来工法」と「システムバス」の2種類があります。

在来工法

在来工法は空間や形状に関係なく、自分だけのこだわりのある空間を造る事が出来ます。
浴槽はもちろん素材もタイルや大理石、ヒノキ材等をはじめ様々な素材を選ぶことが出来るので、自分好みの
浴室を造る事が出来ます。
在来工法の浴室で注意しなければならないのが年月を経た際の防水性がシステムバスに比べて劣ってしまう
という点です。また、システムバスに比べて工期が長く手間もかかり、どうしても工事費が高くなってしまいます。

システムバス(ユニットバス)

システムバス(ユニットバス)は、浴室(床・浴槽・壁・天井・ドア等)をあらかじめ工場で製造し、現場施工で組み
立てる浴室のことです。
システムバス(ユニットバス)は水漏れやカビの発生が在来工法よりも少ないことから、戸建て住宅やマンション・
ホテル・病院等様々な場所で用いられています。
工場で規格に沿って製造されたパーツを組み合わせて一体化させる為、浴室スペースが変形していたり狭かっ
たりすると選べるタイプが制限されてしまいますので注意が必要です。

浴槽の種類

浴槽の大きさやカタチは、浴室の広さやプランニングによって決まりますが形状には大きく分けて和式、洋式、
和洋折衷の3つのタイプがあります。

長さ:80~120cm程度
深さ:60cm程度

深さがたっぷりあり、ひざを折って入るので、肩までつかりたい人向き
です。
設置スペースが広くとれない浴室には最適な浴槽です。

長さ:120~180cm程度
深さ:45cm程度

浅く長い浴槽に寝た姿勢で入浴ができます。介護が必要な方の入浴
には介護がしやすいのですが、滑りやすく立ち上がりにくいので、滑り
止めや手すりが必要です。

長さ:110~160cm程度
深さ:60cm程度

和式と洋式の両方の長所を合せたタイプです。肩までつかれ、適当に
身体を伸ばすこともできます。最近はこのタイプにされるご家庭が増え
ています。

浴槽の素材

最近の浴槽は、素材はもちろん色も形も多種多様でどれを選んでいいのか悩んでしまいます。
主流は人造大理石やFRPですが、それぞれに長所や短所がありますので、間取りや予算、入浴スタイル、
お手入れのしやすさなどを考慮して選ぶようにしましょう。

人造大理石

人造大理石と言っても、メーカーや商品によって価格や素材感、色あいはさまざまです。
一般的には、ポリエステル系とアクリル系に分類されます。
アクリル系のほうが耐久性・耐衝撃性などに優れています。肌ざわりの良さと高級感もあり、
掃除のしやすさも魅力です。

FRP

FRPとは、ガラス繊維強化プラスチックのこと。
浴槽の素材としては一般的なもので、柔らかく温かみのある樹脂素材です。
保温性・耐久性・耐衝撃性が高く、カラーバリエーションも豊富です。価格的にも手ごろで、
軽量な素材です。ただ、汚れや傷がつきやすいという面もありますが、最近では、材質の
改良も進み性能は向上しています。

ホーロー

ホーローには、鋼板ホーローと鋳物ホーローの2つがあります。
鋳物ホーローの方が厚みのある素材を使っているので重量感があり、丈夫で錆や腐食に強いなどの特徴があります。
しかし、重量もあるので2階の浴室に設置する場合は、構造躯体の強化が必要になる事もあります。ホーロー層の仕上げはガラス質なので、独特の滑らかな肌触り、美しい色あいに根強い人気があります。しかし、表面のガラス質が傷つくと、そこから本体が錆びてしまう場合もあるので、早めのメンテナンスが大事です。

ステンレス

傷や錆に強く値段も手頃なステンレス素材。
裏面に保温材を吹付けてあるので保温性能にも優れています。
金属特有の肌触りを抑えた商品も出ています。

木製

保温性・耐衝撃性が高く。木質独特の温かみや香り、心地よい肌触りが人気。
材質としては、ヒノキやヒバなどが用いられていますが、大きさはもちろん樹脂や節の有無
などによって価格に差が出ます。
漂白剤や塩素系の洗剤には弱く、汚れやすい素材なのでお手入れやメンテナンスが大事
になります。

床 壁 天井の素材

他の部屋に比べて、湿度も温度も高くなる浴室は、汚れやカビがつきやすい場所です。
そのため、床・壁・天井などの素材選びも大きなポイントになります。見た目のデザインばかり気にしていては、快適なバスルームを造る事が出来ません。
安全性、機能性、価格など全体的なバランスを考えて素材選びをしましょう。
なお、システムバス(ユニットバス)にした場合、その製法上、床材・壁材・天井材はそのシステムバスの規格に沿ったものに限定されます。もしも浴室の床・壁・天井でこだわりたい要素があるなら、在来工法でのリフォームをおすすめします。

樹脂系

システムバス(ユニットバス)では、一般的な浴室素材です。お手入れがしやすく、在来工法に
用いてもリフォーム予算が抑えられます。耐久性も高く色あいのバリエーションも多彩になって
きています。

タイル

浴室の素材としては昔からよく用いられてきました。目地の掃除が面倒でしたが、近年登場し
ている大判タイプは目地のお手入れも楽になっています。
腰板部分のみタイルを採用されるご家庭も多いです。

ステンレス

耐久性が高くお手入れしやすいのが利点です。滑り止めのエンボス加工が施された商品も
あります。

木製

在来工法で和風の浴室にしたい方に採用される事が多いです。木の香りや癒し効果が魅力
ですが、材質によって耐久性や防カビ効果に違いがあります。
予算も樹脂系などより高価になります。

塗装壁

モルタル、しっくい、コンクリートなどを塗装する方法で、一昔前までは浴室によく用いられて
きましたが、カビの発生や汚れやすいなどの欠点があり、そのため最近では、腰板から上のみ
に採用されることが多くなっています。

浴室の安全対策

家の中で不慮の事故が発生する確率が最も高いのが浴室です。
衣服による防御が無く、裸で水を多量に使う場所である為、特にお年寄りや小さなお子さんがいる
家庭では、浴室リフォームをする際の最も重要なポイントになってくるのではないでしょうか。
どのような対策をすれば事故を未然に防ぐことができるのか、いくつかのポイントをご紹介します。

安全対策1(体調の急変を防ぐ)

冬の時期に、特にお年寄りに多く起こる事故として「ヒートショック」があります。ヒートショックとは、急激な温度変化により脈拍や血圧が急上昇するため、身体に大きな負担がかかり、高血圧の人やお年寄りは命に関わる
こともあるとても危険な症状です。
暖房の効いた部屋から寒い脱衣所で服を脱ぎ、熱いお風呂に入るときに起こる血圧の乱高下や、脈拍の急激
な変化が脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすのです。
ヒートショックを予防するためには、室内に温度差を作らない工夫が必要です。暖房機能が付いた浴室乾燥機
の取付や床暖房を配置すると足元から暖かい浴室を造れます。また、洗面脱衣室も暖かくしておく必要があり
ます。ファンヒーターが使えるように、足元にコンセントを取り付けておくと便利です。

安全対策2(転倒事故・ケガを防ぐ)

浴室の床は水や石鹸で濡れており、大変滑りやすくなっています。
また浴室には、当然ですが洋服を脱いで裸で入ります。洋服を着ていれば防げ
ることも、裸という無防備な状態ではケガに繋がる可能性が高いのです。
浴室リフォームの際には、段差を無くし滑りにくい床を選び、立ったり座ったりと
体勢を変える場所には手すりを取り付けて下さい。また、ガラス製品は使わない
ようにしましょう。狭い浴室で身体を洗う際、側面や背面の壁に水栓金具が付いていると身体を
ぶつけて大ケガをすることもあります。水栓金具は洗い場の正面に付け、出来
る限り凸凹の少ないデザインを選びましょう。そして意外な危険が「使いやすいタオル掛け」です。立ち上がる時、丁度いい
ところにあるタオル掛けをついつい掴んでしまうことはありませんか?普通の
タオル掛けでは体重を支えきれない為、よろけた時にとっさに掴むと外れて
しまいます。全体重を掛けて転んでしまえば大ケガの元になり大変危険です。
タオル掛けは掴みにくい位置に取り付け、手すりもしくは手すり兼用の丈夫な
タオル掛けを取り付けましょう。また、お子さんが誤って浴槽内に転落するのを防ぐ為に、入浴後は浴槽に
必ず蓋を閉めることを忘れないようにしましょう。

ライフアミューズ
大阪・京都の
施工対応エリア

※枚方市を中心にエリアを絞って、地域密着でご対応させていただいております。
記載地域以外のお客もご相談に応じてご対応させていただきますので一度お問い合わせ下さいませ。

大阪府

枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、大東市、四条畷市、 高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、東大阪市、八尾市

京都府

八幡市、長岡京市、大山崎町、久御山町、京田辺市、城陽市、 精華町、宇治市

大阪府枚方市の
リフォームなら
ライフアミューズに
お任せください

0120-857-940
無料お見積り・ご相談はこちら

ACCESS

PAGE TOP